自信を構成する3つの柱

[the_ad_placement id=”%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%82%af%e3%83%a6%e3%83%8b%e3%83%83%e3%83%88″]

どうも、ふじもんです

 

あなたは自信って何からできてるか知ってますか?

知らないと思います。

そもそもこの問いに明確な答えはないでしょう。人それぞれ

ただ、「なんなのかよく分からない」という人に対しては

この記事が一つの参考になるかもしれません。

 

※この記事は2分で読めます

[the_ad_placement id=”%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%82%af%e3%83%a6%e3%83%8b%e3%83%83%e3%83%88″]

自信を構成する3つの要素

自信を構成する要素としておおまかに3つあります。

それは

●自己主張

●行動

●自己評価

です。

この3つの柱から自信は構築されていて、3つともが連動しています。

これらを高めることが、自信に繋がるのです。

 

それでは3つについて説明していきますね。

 

自己主張

海外の人は自己主張が強いと言われます。

反面、僕たち日本人は自己主張をせず、奥ゆかしいのが美徳とされていますね。

もちろん、奥ゆかしいのも個性のひとつなので問題はないのですが

その風潮ゆえに本来の自己主張までできなくなるのは問題です。

 

自己主張とは

・自分の意見をはっきりと述べることができる

・行動ではなく、人格が否定された時に反論できる

といった要素です。

 

これができず、自分の中で抱え込んでしまい

自信を無くす負のサイクルにハマる人が多数いるんですね。

 

 

行動

行動は読んで字のごとく動くことです。

 

自分で決めたことに対してのアクションを行う。

そうすることで自信がつくられていくのですが、

行動する→失敗する を恐れるあまり、行動自体ができなくなる人もいます。

 

こうなると行動ができないので、成功体験もなく、ただ自信を失うだけです。

本来行動をすると

 

・行動することで自信がつき、自己主張ができる

・行動することで自己評価も上がる

 

といいことなのですが。

振り切った考えでいうと、行動しても大半のことは死なないので

まずやってみるのが成長への鍵です。

 

 

自己評価

自己評価はセルフイメージとも呼ばれ、自分に対する評価です。

自分がかけがえのない人間である

・自分には能力がある

・自分は人から認められ、愛される存在である

と思えること。

 

これを見て「思えるわ!」って人は自己評価が高いです。

思えない人は現時点では低いということになります。

 

それはあくまで「現時点」での評価であり、

トレーニングすることで思考は変わります。

 

 

自信を構成する3つの柱まとめ

自信を構成する柱は

 

●自己主張

●行動

●自己評価

の3つです。

あなたが自信ないのなら、どれが足りないのかを

紙に書いて言語化してみると良いと思います。

 

より具体的なことについては、後日記事にしていく予定。

投稿者: ふじもん

いじめ、うつ病、自殺未遂、童貞といいとこなしの人生から奮起。 今は人生を変えたい人に向けたオンラインサロン運営し、東京、名古屋でトークイベントも決定。 人生は楽に生きるものだから、それを広めるために活動中 今が暗くても将来まで暗いとは限らないよ。

カテゴリー 自信コメントをどうぞ

コメントを残す